経営者人事対談 > インタビュー記事一覧 > Vol.005 イノベーション(富田 直人 氏)

イノベーション(富田 直人 氏)

大手IT企業や成長企業の営業・マーケティング支援を行っているイノベーション。契約社員を含めて100名を超えた同社が、会社を経営する上で大切にしている企業価値観とその浸透についてうかがいました。

樋口:
御社は新卒採用を行う際に、何にこだわって採用していらっしゃるのですか?

富田:
弊社では「イノイズム」といういわゆるクレドを作っています。イノイズムというのはイノベーションイズムを略したものなのですが、我々のミッション(エンパワーメントエンジン ~売れる仕組みで企業を元気に!そして感動を~)、ビジョン(BtoBマーケティング領域において世界に通ずるリードジェネレーションカンパニーとなり、全てのステークホルダーに最高の感動を提供します。)、バリュー(“Win-Win”“Challenge”“Professional”)から成り立っています。

いわゆる会社の価値観ですね。

新卒採用ではこのイノイズムについて説明をして、ご理解いただいた方に入社してもらうということを1番のこだわりにしています。言ってしまえば会社は宗教みたいなものです。ある宗教に入るときには、その宗教の中味を理解してから入信しますよね。もし中身を理解していないと、なじめずに居づらくなってしまいます。それと同様に、会社についても社風をしっかりと理解してから入社してほしいという話を説明会でしています。ただし、社風というのは言葉では表現しにくいではないですか。温かい会社や、元気な会社といった雰囲気を表す言葉は人によってとらえ方が違うので表現が難しい。ですが、弊社の場合はその社風をつくっている根幹がイノイズムだと思っていますので、これを理解した上で入社してほしいのです。

選考ではどのようにイノイズムの理解度を見ていくのですか。

面接の時にイノイズムについて話を聞くと、ほとんどの学生が、「理解しています」「気に入りました」とおっしゃるのですが、本当に理解・納得してイノベーションに入りたいと思っているかどうかは本人と面談して判断しています。ですので、われわれが考えているミッションやビジョン、バリューに対して、どこまで強く賛同しているかという点にはかなりこだわっています。

イノイズム共感の度合いは社長が判定されていらっしゃるのですか?

判定は私だけではありません。弊社では面接を5回ほどおこなっていますが、人事担当者やマネージャークラスが中心となってジャッジをしています。

面白いお話ですね。自社の話で恐縮なのですが、弊社の場合は面接では能力だけを判定して、合う・合わないは学生に判断させるようにしています。社風は富田さんがおっしゃる通り、言葉ではなかなか分かりにくいので、説明会で会社の考え方や実態について全てをさらけ出して説明し、面接で十分にやりとりをおこなうようにしています。その過程で、彼らの感性というか直感で合っているかどうかを判断してもらうようにしています。ですので、お話を伺って真反対のやり方をしているなあと思いました。

そのような見方もできるかもしれません。ただ、学力のテストもおこなっていますし、右脳と左脳のバランスを見るオリジナルテストも実施しています。ですので、能力を判断基準にしていないわけではありません。ただ、弊社はこのイノイズムというものを大切にしておりまして、入社してからもずっとこれをベースに仕事をしてもらいます。ですから能力以上に、イノイズムへの理解と賛同が何より重要なのです。

イノイズムの浸透というのは、既存社員の方にも継続して取り組んでらっしゃるのですか?

それほどコストやパワーをかけられませんので、できる範囲で実施しています。現在はイノイズム委員という浸透のための組織を設置しており、年に1回の全社合宿や朝礼、360度評価などをおこなってイノイズムの浸透を図っています。弊社コールセンターには多くの契約社員が在籍しているのですが、合宿では契約社員からマネージャークラスまでが1つのチームになってイノイズムについて話し合います。「このイノイズムって本来何だろう?」とか、「何でこんなことをやらなければいけないのだろう?」など日常では考えないようなテーマについて改めて考える機会にしています。また日々の朝礼では、イノイズムを1つずつ読んで、自分が気になることについて話し合っています。1、2分という短い時間ではありますが、こうした日々の継続がイノイズムの浸透につながっているようです。あとは360度評価ですね。

360度評価はどのように活用されてらっしゃるのでしょうか。

イノイズムの実践度について評価をして、全社平均と自分の評価がどれぐらい違うのかを見ています。例えば、イノイズムの中に「いつも明るく笑顔をたやさず、元気に挨拶します。」という一文があります。これについて周りの人に評価をしてもらうわけです。すると、自分では挨拶をしているつもりでも、意外と周りの人に平均点以下の点数をつけられているというケースが見受けられます。そこではじめて、自分が周りにどう見られているのかという気付きを得て、行動変革につなげることができるのです。実は私自身も360度評価の対象であり、社員から全部点数をつけられて、改善点の指摘やアドバイスをもらっています。ですから、社員が自分をどのように見ているのか具体的に分かるのです。